スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2016.03.08 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

祝姫をプレイ。エログロシーンとラストシーンの話

祝姫ネタバレ感想
エログロシーンへの言及とラストシーンの話。

先日発売した竜騎士先生の最新作「祝姫」クリアしました〜。
総括すると面白かった!良い出来です。

竜騎士作品入門として良さそうです。
同着で彼岸花も入門しやすいかな。
ちょっとハードル高いのがうみねことローガン。
プレイ時間は24時間くらいかな。

考察とか妄想とか感想とか。
以下めちゃくちゃネタバレしてます。
勢いで書いてるので色々間違えてたらすみません…。
続きを読む >>


見た映画とかMGSとか。

備忘録。

息抜きにミス・マープルの「終わりなき夜に生まれつく」見てた。まだ数話しか見てないけども、今まで見た中でとんでもなく邪悪な犯人で、話の雰囲気も薄暗くてちょっと凹んだ…
見せ方がめちゃくちゃ上手かった。マープル不在で話が大分進むんだけど、マープルが出て来ないと不安になるw
終わりなき夜」ってのは、生まれついての邪悪って事なのかな…。

MGSVの話。
歴史的には大罪人みたいな描かれ方をするけど、真実を知ると当人の葛藤や苦しみがあったってのがザ・ボスで、ヴェノムをそれをなぞっていて客観的視点=ヒューイから見れば悪人だけども、プレイヤーはヴェノムの苦しみを知っている、みたいな。
人を殺したら、自分を殺そうとする人が現れて。人を信用しなかったら、自分もそのうち信用されなくなって。っていう行動が自分自身に返ってくる報復だったね…。隠しパラメーターの残虐度が反映されるのも自分に返ってきたものの一つであって。
DDは世間的に見ればただの人殺し集団にしか見えないかもしれない。死んだ仲間のダイヤを持っていたけども、死ぬって事はそいつの意志やこれからやりたかった事や物語はそこで閉じちゃうわけで…それらを知ってるのはすぐ側にいる限られた仲間、プレイヤーしか知らない訳で。
一方では英雄に見えるけど、一方では極悪人に見えるっていう。何が悪かは人の心が決めるんだなあ。

スターウォーズ、フォースの覚醒見てきた!面白かった…見てる最中メチャ楽しかったです。面白かったというより楽しかった!という気持ち

ガタカ元気出る…努力の話だった。ウチの宇宙局だとキミは無理だよって言われてたの努力で体力維持してたし、適格者だって言われた弟こえたし、適格者だって言われた上司は悪い事してたしで、性格や巡り合わせや行動や努力は生まれながらにして決まってない

トランセンデンスがレンタル開始されていてテンション上がったので!
ジョニデが主役のやつです。
劇場で見た時に最後ボロ泣きしました。あれはいい夫婦愛映画でした。
トランスフォーマーやX-MENくらいの爆発する派手なCGアクションが好みで、
地味かな?と思ったけども、静かに描かれていたので上品な感じがして落ち着いて見れました。
キックアスくらいの下ネタギャグだと突き抜けてて笑えるんだけど、下ジョーク結構苦手だったりする…。
私の狭い範囲で見たSF映画や漫画では使われてない作中の科学技術は斬新だと思った。今んとこあの設定の科学は見た事ないなあ…!
気持ちの推移が丁寧に描かれていたし、ストーリーのギミックにもまんまと引っ掛かりました。
最後のシーンがすごくよかった!


あと、サイコパスの影響で電気羊や1984年を読みました〜。
電気羊は間違いなく面白かった!
映画のブレードランナーも見て、作られた年代を考えるとあの造形は当時めちゃくちゃ斬新だったろうなー、と。
ゲームのスナッチャ―を先に見ていたんで、初代メタルギアも映画に影響されていたので、そのあたりをモヤモヤと空想にふけると楽しい。
1984年は後で気づいたけど槙島さんのお気に入りの1冊だったんですね。
えげつない描写が多くて色相濁りそうでしたw
ウィンストンとジュリアの逢瀬のシーンは癒し。
あと平沢進師匠のビッグブラザーがずっと大好きだったので、
元ネタだと初めて知ってテンション上がりました。


図書室のネヴァジスタをプレイしました

図書室のネヴァジスタ、プレイしました〜!
エンディングを全部見て、
後はボーナストラック3を残すのみかな?

総括すると、とっても楽しかった!
登場人物の苦しみや葛藤や劣等感や、死を迎えてしまう結末や、
とてもつらい…!つらい!の連続ですが、そのギャップと相まって
内面が成長した登場人物や、キャラ同士の仲直りや日常シーンが、取り立てて特別ではないのかもしれませんが、
とっても輝くんです。尊い…!
まだそんなに読み込めてないので、温かい目で感想見てやってください。勢いで感想を。


価値観が私好みで好きでした。
現実でこういう事あるよね、とぼんやり思っていた事が
キャラクターやシチュエーションを交えて説明してもらったので
霞が晴れたような気持ちでした。新しい価値観に触れるのは面白い〜。
それでいて全員仲良しじゃない、現実味を帯びた絶望や苦悩を織り交ぜているので、
フィクションなんだけどフィクションぽさが薄れてとても好きです。
だからこそ日常シーンが輝きます。

南先生の「槙原先生は八方美人。誰にでも親身になりすぎて、だからこそ裏切られたと錯覚してしまう」や
賢太郎の「子どもはあっさりと死を選ぶ」や「劣等感の話」
など、ハッとさせられる考え方や、あるよね。と思う事があって特に好きな価値観です。
キャラ造形の価値観も好きだ〜。
辻村先生の、そんなつもりはないのに怒らせてしまう物言いやら、
瞠の嫌われたくないという気持ちから来る過剰な気遣い。
花ちゃんの奔放でかわいいけども、教育には不向きな自由さ。
清史郎の誰とでも仲良くなれる許容範囲の広さは、裏を返せば善悪がなくて危うさと隣り合わせで。
どれも「こういう理由で、こういう性格になりました」と説明があるので面白い。

デレた瞠と辻村先生がとんでもなくかわいかった…。
賢太郎に懐いた茅くんもかわいかったなあ。

序盤はマッキーが先生間で村八分にされるし、生徒は心を開いてくれないしでとてもつらかったのですが、
岡崎先生と対決した時にカタルシスが解放されて、とても面白かった!!
岡崎先生も他ルートで読み進めていくとかわいそうな人で、一概に悪人と言えないところがなんともまあ。
かわいそうな人でしたね…。
大円団ルートで賢太郎が解放されたのに、また自分から鎖に繋がれて
煙草とビールを要求するのが調教完了過ぎてテンション上がりました…。

私の腐った脳的に言えば茅×賢太郎が好きです…いや賢太郎×茅でもいい。
茅くんルートを進めるにつれて、茅くんがしおらしくなっていくのでリバかなと。

序盤はつらいつらいばかり言っていたような気がします〜。
瞠がデレた!かわい〜と思っていたら、ワインで死んだ……えっ、ちょ、つらいよお…。
神波さんに詰られて狂っていくマッキーもとてもつらかった…!
これの後に瞠ちゃんを見たので、泣けばいいのか笑えばいいのか…w脱力しました。いやしかしかわいい。
この時点で結構つらくて、エンディングがあと17個あるのは怖い気持ちもあり、
ネヴァジスタのお話しが好きなので楽しみでもあり〜と複雑な気持ちでしたw
嫌われたくないあまりに、自分を殺してでも相手に合わせる様はマッキー同様、
ドキッとするというか、胃が痛くなると言うか。
好きなものには愛称を付ける瞠は、愛称で呼ぶたびに「大好き」と言ってるようなものなんだなあ。

モチーフや要素がアングラ的、アウトロー的なものを扱ってるけど倫理観と正論がしっかりしているので
安心して読めました。頼れる大人なのも良かった。
フィクションの大人はちゃんと「頼れる大人」であって欲しいという私のわがままです。

ケーキのシーンも清史郎と幽霊棟の子ども達の日常シーンもブログもかわいかった〜。
ただのネタや、噂や、キャラの個性化かな?と思って軽く流しているシーンが実は
キャラクターの根幹だったり、伏線だったりで上手いなあ。
こちらの気が抜けないし、作者さんも妥協しないというか、手の込んだ作りですネヴァジスタ。

あの時気軽な気持ちや、これで良いと思った結果が、大きな結末になって返ってくる。
それをプレイヤーに選択させるのがにくいな〜と思いました。
しかしお値段安過ぎだ…大満足の内容でした!

オススメして頂いたルート、大円団→茅くん→白峰くん→咲くん→辻村先生
の順でやりました。
オススメなだけありました〜。親世代や神波さん周辺の謎が徐々に明らかになっていくの心地よい〜。
それぞれのルートを私の主観で感想


茅くんルート
狂ってくさまがゾッとします。好き。
俺の首を 絞めた指先は 1枚1枚 書類をめくっては 丁寧に 印鑑を押していく」
の表現がエロティック過ぎます。
うーん生徒会長様、緑の光が綺麗。絵になります…。
わけがわからなくなっている茅くんは見ていてとてもつらいですが、
つらい分だけ好きになります…幸せになって欲しい。
実は茅くんに殺されまくったので、訳が分からなくて茅くん苦手だな〜と思っていたのに。
めちゃくちゃ好きになるとは思いませんでした…。
大円団ルートの助けに来てくれる賢太郎がかっこよすぎたので、
こちらのルートも「子どもを守ってくれる大人」として描かれていたのでたまらなかった。
numbエンディングちょう好きです!!病んでいる!ゆるやかに終わりへ向かっていくこの感じ。

白峰くんルート
前述の、かっこいい大人として賢太郎を見ていたので、
衰弱していく賢太郎はなかなかショッキングでした…!wつらい!
白峰くんは理屈で動いてそうだな、と第一印象ながらに思ったのですが、
結構ほだされやすい、そして優しい子ですね〜。
怖がりで、後ろを気にしてる理由も納得。
臆病だった白峰くんが勇気を振り絞るシーンがたまらない。

咲くんルート
個人的につらかったルート。
自分の保護者が奔放な女性という、少し頼りない存在を頼ってしまう咲くんの事を考えたら
とてもつらくなってしまった…。
花ちゃんかわいいけども〜…!ううん、これは…というジレンマです。
咲くんもコミュニケーションが不器用な子だったなあ。
投げっぱなしにしてしまうのはとても少年でした。
ルートごとに雰囲気といいますか、テーマソングや主観の思考を変えてるのがまた上手いなあ。

辻村先生ルート
辻村先生がすぐ手を出してしまうのは弱さの裏返しだったのか…!と、とても好きです。
気持が成熟していないばかりに殴ってしまう。子どもの男の子だあ。
辻村先生ファザコンだなあ…コンプレックスを抱く方の。
吾朗に殴られる神波さんちょっとテンション上がってしまった…。
今まで散々幽霊棟の子らとマッキーが苦しめられてきたので…w
徹夜明けのボサボサ髪、メガネの辻村先生が美少女過ぎました。
執筆中やサイン会の時はメガネなのポイント高いぞ〜!
雨の中の辻村先生とマッキーの告白→幽霊棟を出て行く子どもら→痛めつけられるマッキー
の流れにずっと泣きっぱなしでした。
辻村先生が後悔した時にはもう幽霊棟の子ども達はバラバラで、もう遅いという…。


そして山に行って清史郎に会いました。
ドシリアスな展開から清史郎らしいハチャメチャな展開に。
ハチャメチャ過ぎて脱力。もうなんなんだ…w
あと幽霊棟の子ども達は全員一発ずつ清史郎殴っていいと思う…。
マッキーの汚い英訳が好きだ。

ネヴァジスタ、THE FOOLやら色々まだなのでもっとやりたいですね〜。とても楽しい!


ガブバトアンソロジーwebサイトオープン


http://sweety.jp/gbbt_anthology/
ガブバトアンソロジー、webサイト作りました!よろしくね〜


ローガンwebカレンダー企画

ローガンwebカレンダー企画に寄稿しました!
公開済なのでよろしければ〜。参加者さんのイラストもとっても素敵です!

http://lokokoa.wix.com/rgdcalendar

私はリチャードとステラと祐司くんとサイラスとキースくんを描きました。
この組み合わせがもっと見たくて…!


ガブバトアンソロジー告知


今やらないと後悔する…!と思ったのでやります。今から緊張してます。

2016年秋開催、07thオンリーイベント07th MASQUERADEにて発行予定です。
webサイトは準備中です…!公開したらまたお知らせに来ます。
ツイッター告知アカウント(@gbbt_anthology)

冬コミにてチラシ配布して頂きます。配布スペースは
1日目 サークル「きりきり」東ヒ07b
3日目 サークル「グレート・エスケープ!」東モ06a サークル
「ダンディーハニィ」東モ07a です。

よろしくお願いします〜!


MGS5ネタバレ感想

お絵かき掲示板の方でちょっと言ってましたが、MGS5買いました!
楽しくて気が狂いそうです!
ゲームが楽しくて貫徹してしまうとか久しぶりです…。
考え煮詰めて文章書いてないので、どこかおかしいとこもあると思いますが…今熱いうちにぶつけます。

・買った動機がプレイムービーで馬にまたがり荒野を駆けるスネークと、マザーベース
色々な成長が感じられて、た、たまらん〜!映像やシステムの進化はもちろん。マザーベースが成長していくと共に、ヘリの写真は増えて、プラットフォームは増設され、D-Dogも大きくなる。オセロットも、あらあらまぁまぁ、こんなに立派になって…!と近所のおばちゃんの気持ち。MGS3の時と比べて心身ともに成熟したね、オセロット…!ボスを助けるくらい頼もしくなった。
マザーベースも歩けるのボスおおはしゃぎ。PWだと俯瞰図、GZだとボッコボコだったあのマザーベースが。ここが俺の城だ。
水鉄砲も、た、楽しい〜。水鉄砲を使って部下に舌打ちされる最低なボスです。
プレイムービーであった、羊が闊歩して、オセロットが甲板で水平線を眺めていて…というのがなくて少し残念。
PWで文字のみだった部下の声が生で聞ける。「ボスが連れてきた子犬かわいいな」お前らの方がかわいい…。
部下萌えするのでこういった要素最高ですね。赤字イベントムービーもたまらないです。
英雄度も好感度みたいだなあ。恋愛シミュレーションみたい。
「好きな奴をフルトン回収してくれ」と言うから、オセロットを眠らせようと思ったら効かなかった残念。面白かったけど。
・広い世界を馬で駆けるの楽しい楽しい!羊をフルトン回収したりヒグマと戦ったりカラスを眺めたり。わくわく動物ランド。
いつもは孤独な単独潜入も動物がいたりバディがいたりでちょっと心強いぞ。

時間が出来たらちょこちょこ感想書き足していこうと思います〜。


ここからストーリーやパス関連のネタバレ
続きを読む >>

寄稿物通販

07thパーティおつかれさまでした。

参加した07thリョナアンソロ、boothで自家通販と虎の穴でも委託販売始まってるそうです〜。
久々に戦人をめちゃくちゃにしました。8P描きましたのでよろしくね〜。

booth
https://rebellion-diadem.booth.pm/items/149057

虎の穴
https://rebellion-diadem.booth.pm/items/149057


C88寄稿


夏コミ寄稿してます!
めぐりむさんの所のドラヱリ合同誌に1枚モノクロイラストで参加してます。よろしくお願いします〜。
8/16(日)東P40b
http://mmegrimm.jimdo.com/


ガタケットおつかれさまでした!

ガタケットおつかれさまでした〜。
ガタケット新刊だった薬宗本は虎の穴さんで委託お願いしてます。
どうぞご利用ください。
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/32/22/040030322218.html

ローガン喫茶のカクテルについてきたイラストポストカードがboothで通販始まったそうです!
私の駐留軍ガブさんバトさんカードもあるのでよろしくお願いします〜。
https://kot.booth.pm/
駐留軍ポストカードはこちら
https://kot.booth.pm/items/112580
Check


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
 
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座